ASKA衝撃の両刀シャブ歴 ASKAは絶倫でアナル、シャブセックスも好き ニューハーフヘルス嬢が告白

: 2014/05/24(土) 09:20:38.22 ID:???0 BE:123479591-PLT(13001)
ニューハーフヘルス嬢が告白「ASKA衝撃の両刀シャブ歴」
東スポWeb 5月24日(土)9時0分配信

http://amd.c.yimg.jp/amd/20140524-00000002-tospoweb-000-2-view.jpg
ヘルス嬢はASKAの仰天性癖まで暴露

【SAY YES飛鳥!暴かれる闇(5)】覚醒剤の所持と使用を認めたASKA容疑者(56=飛鳥涼、本名・宮崎重明)が
20年近く前から「シャブを常用していた疑いがある」との衝撃証言が飛び出した。しかもそう告白したのが、
ASKAと性的関係を続けていたニューハーフのヘルス嬢というから二度ビックリ。ヘルス嬢は、ASKAの仰天性癖まで
暴露していたが、もしこれが真実だったら、“レジェンド・シンガー”のイメージは木っ端みじんだ。

 自宅から覚醒剤と合成麻薬MDMAなどが発見され、尿検査で陽性反応が出ているASKA。さらに毛髪鑑定でも
覚醒剤の成分が検出されたことがわかり、23日には所持と使用の容疑を認めり供述をした。

 22日にはフジテレビ系「ノンストップ!」にVTR出演した主治医、平石貴久氏が「アンナカを処方していたのは私。
処方を始めたのは4~5年前になる」と話した。20年来の知り合いのASKAが覚醒剤を使用していたことに、
「彼の黒い部分はお話しになってくれなかった。気づかなかったのも申し訳ない。残念です」とした。

 ではASKAはいつから覚醒剤に手を出したのか。それを解くカギは1996年にさかのぼる。当時、ASKAは新宿・
曙橋のニューハーフヘルスで働いていた夏樹(仮名)と交際していたという。夏樹の恋人だった男性Aさんは本紙に
「夏樹は『ASKAは覚醒剤をやると作曲能力がアップする』と言っていた」と重大証言した。

 夏樹は、今は閉店したニューハーフファッションヘルスの草分け店の人気ナンバー2だった。

「ちなみにナンバーワンは、当時人気だったプロ野球選手との一夜を写真週刊誌でヌード写真入りで告白したり、
神奈川県のパチンコ店でいきなり脱いで店員とケンカして逮捕されたり…トラブルメーカーだった武田久美子似のジェニー。
ナンバー2が夏樹で、少しハスキーな声で包容力と母性を感じさせるタイプ。身長160センチくらいで、
自称和製シャロン・ストーン。タイにいそうな目鼻立ちハッキリした美形で、ビジュアル系ミュージシャンにもいそうな茶髪だった」(Aさん)

 夏樹は97年に、東京・中野に夏樹倶楽部(仮名)を出店。Aさんは夏樹と毎晩のように会っていたが、まれに突然、
会えなくなることがあったという。

 数日間音信不通になったときに、心配になって夏樹に問いただしてみると、夏樹は「VIPなお客さんとは、
お店の外で会っているの。だってお店に通わせると人目もあるでしょ」と特別な客を相手していることを告白したという。

 Aさんは当然、どんな有名人なのかと聞いた。すると夏樹は、「ASKA、大物ロックミュージシャン、トレンディー俳優…
なかでもASKAは絶倫だし、アナル、シャブセックスも好きで疲れるの」と衝撃の告白をしたというのだ。

 夏樹とASKAが会っていたのは渋谷や池尻大橋のラブホテルなどだった。夏樹はAさんに、ASKAが話した言葉を
はっきりとこう語ったという。

「もともと絶倫のうえ、薬物による持久力アップで、朝から晩まで男役と女役を入れ替わって1人バイセクシュアルだから疲れる。
でも、ASKAは『覚醒剤をやると作曲能力がアップしたり、寝ないで作業に集中できたり、痩せたり、かなりメリットある』と
豪語したよ。あのハイトーンボイスも喉の奥を薬物で開いて効果抜群だって」

 Aさんは、ASKAの共犯として逮捕された栩内(とちない)香澄美容疑者(37)の姿を見て、18年前の記憶が鮮明に
よみがえってきたという。

「今回、一緒に逮捕された栩内容疑者のメガネをかけた姿は、夏樹がスッピンでメガネをかけた姿と重なるものがあり、
ASKAはああいう顔立ちが好きなんだろうね」と話している。

 18年前の出来事では刑事的にはすでに時効だが、ASKAと薬物の深い繋がりを示すエピソードだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140524-00000002-tospoweb-ent

: 2014/05/24(土) 09:35:00.70 ID:vQZBx5xq0
>>1
>  22日にはフジテレビ系「ノンストップ!」にVTR出演した主治医、平石貴久氏が「アンナカを処方していたのは私。
> 処方を始めたのは4~5年前になる」と話した。20年来の知り合いのASKAが覚醒剤を使用していたことに、
> 「彼の黒い部分はお話しになってくれなかった。気づかなかったのも申し訳ない。残念です」とした。

主治医、平石貴久氏って清原ににんにく注射処方していた医師だよな...

: 2014/05/24(土) 09:41:56.58 ID:lfEMYfJj0
>>1 アスカとかどうでも良いけどさ、
遅かれ早かれこういう手合いが出てくると思ったら、クソおかまかよw
何だかあれこれ適当に創作話で笑える このバカもついでに逮捕でいいんじゃね?

: 2014/05/24(土) 09:22:36.18 ID:iZ/yhtQ10
要するにセックスが好きで薬に手を出したんだな。
詩が書けないとかは大嘘か

: 2014/05/24(土) 09:24:29.33 ID:Wkx17WhN0
56歳にもなればチンコに元気もなくなるし、掘られる側に回るのも仕方がない。

: 2014/05/24(土) 09:26:42.10 ID:ob+qy0Nc0
ヘルス嬢っつっても医者や弁護士が利用するとこは口が固いようだが
こういう芸能人ネタは売れるからしゃーないんかな

: 2014/05/24(土) 09:27:00.32 ID:bLgyH3Kp0
60でも髪の毛ふさふさだし
ほんとにシャブって体に毒なの?

: 2014/05/24(土) 09:39:30.29 ID:ZwmU3scy0
>>21
覚醒剤は脳神経にはともかく身体自体に直接的な害はないけど、
何日間も寝ず食わずの生活ができるから、
そんな生活してたら体がダメになるらしいと聞いた。
あと脳がおかしくなったら心身ともにおかしくなるしね。

あくまでネットの伝聞だから本当かはわからんけど

: 2014/05/24(土) 09:28:41.85 ID:G5tIm2miO
飛鳥は糞でも客のことをペラペラ喋る風俗従業員は氏ね
そこは喋らないことで風俗の仕事は成り立ってんだろ

: 2014/05/24(土) 09:34:04.31 ID:1maifz3f0
>>27
> 夏樹は、今は閉店したニューハーフファッションヘルスの草分け店の人気ナンバー2だった。

元風俗業界だから仕方ないね。

: 2014/05/24(土) 09:30:26.71 ID:kAKu4OQR0
さすがにこんな信憑のない記事はどうでもいいわw

: 2014/05/24(土) 09:30:41.13 ID:Sxr3yTgQ0
>朝から晩まで男役と女役を入れ替わって1人バイセクシュアルだから疲れる。

えっ、ASKAって掘るだけでなく、掘られるのも好きなん?

: 2014/05/24(土) 09:31:10.55 ID:mrhd+2660
好きなだけやらせてやれば、捕まえたってどうせ止めきれやしないんだから。

: 2014/05/24(土) 09:32:07.22 ID:OBbRt/3C0
>1996年にさかのぼる。当時、ASKAは新宿・
>曙橋のニューハーフヘルスで働いていた夏樹(仮名)と交際していたという

仮にこれが事実なら浮気、不倫しまくりじゃん。
いくら金があっても、売れっ子でも、こういうのは嫌だわ

: 2014/05/24(土) 09:40:22.16 ID:6649viTY0
>>43
まぁ落ち目になったのが1994年頃だからあながち嘘ではないかもな
もうこの頃は小室哲哉ブームでCHAGE&ASKAは影を潜めてた

: 2014/05/24(土) 09:33:51.34 ID:TMVOHnz00
>渋谷や池尻大橋のラブホテル
ASKAはこんなところ行かないだろ

: 2014/05/24(土) 09:40:20.96 ID:de1X4mdCO
>>51 いると思うぞ ノリピーの時だってそうだし
個人的には某国民的アイドルのメンバーを深夜見た事もある
利用しないことはないと思う

: 2014/05/24(土) 09:36:07.19 ID:xQaHe5430
何か金や名誉だけじゃなく、他にも人として大事なものをいろいろと失ってるなw
ところで、なんでASUKAじゃなくてASKAなの?

: 2014/05/24(土) 09:37:18.91 ID:o0IiuiB/0
あすかが両刀使いというのは昔から噂あったよな
やっぱマジだったか

: 2014/05/24(土) 09:37:20.21 ID:SEfpM+DxO
シャブやるとな……快感に貪欲になるからどんどんアブノーマルな方向にしか行けなくなるんだよ…
3P4P5Pなんか当たり前……ニューハーフなんか定番すぎるわ……
でもシャブ中はSMにはなかなか走らないんだよね…
豆な。

: 2014/05/24(土) 09:39:22.92 ID:/xNetooA0
普通にエネマグラ使って肛門拡張すればアナルセックスぐらい誰でもやってるわ
何も驚くようなことじゃない

: 2014/05/24(土) 09:40:46.52 ID:pHur//iq0
うだつの上がらないリーマンのおっちゃんが知りたいのはその方向ではなく、
迎賓館の方なのだが、流石に東スポやナイタイそして実話あたりでも無理
なのかな(と、いちおう煽っておく(;^ω^)

: 2014/05/24(土) 09:40:50.41 ID:vQZBx5xq0
▼ASKA「主治医」アンナカ処方を告白 薬事法の範囲内で
デイリースポーツ 5月22日(木)10時14分配信
送検されるASKA容疑者=18日、東京・湾岸警察署
17日に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA(
本名・宮崎重明)容疑者の20年来の「主治医」だという平石貴久医師が22日、フジテレビ系「ノンストップ!」の
取材に対して「実はアンナカを処方したのは私」と打ち明けた。ASKA容疑者は取り調べに対して覚せい剤使用を否定し、
「使っていたのはアンナカ」と主張している。
【写真】Chage、ASKAとの解散明言せず…ファンクラブ活動を継続
平石医師は「もう4、5年前になると思いますね。実はアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方したのは私」と打ち明けた。
「作曲が長くなるし、アンナカは目を覚まさせる」効用があるからで、あくまで薬事法の範囲内で適正量の処方だったという。
昨年11月ごろには、ASKA容疑者から平石医師に電話があった。「週刊誌報道にどう対処すべきか相談を受けました」。
平石医師はその際、「何かあれば僕が(アンナカの)処方箋を出しましたと言ってあげるから」とASKA容疑者に約束、処方記録などを渡したという。
約20年前にツアードクターを務めて以来の付き合いだという平石医師が、ASKA容疑者と最後に直接会ったのは
去年9月。風邪の症状を訴えて訪れてきた。その際の印象は「週刊誌に出ているようなろれつが回らないとか
集中していないとかいうことはなく、普通のASKA君でした」という。
その時点で既に報道されていた覚せい剤疑惑については「自分の身の潔白を信じて下さい」と強調していたとか。
平石医師はASKA容疑者のことを「曲が出ないとか、どうしたらいいでしょうとか、責任感の強い人ですからプレッシャーは大きかったと思います」と思いやっていた。
ASKA容疑者が覚せい剤を使用していたかどうかについて、平石医師は「主治医として全く見抜けませんでした。
彼の黒い部分はお話ししてくれなかったので、気がつかない僕も悪かったのかもしれない」と残念に思っている。